• reformyamaso

付箋(ふせん)の活用法



梅雨に入ったとはいえ、暑い日々が続いております

皆様、いかがお過ごしでしょうか 


1階の事務所工事の写真をパソコンに取り込むことには成功しましたが

簡単な図面もつけたほうが分かりやすいかも…

と思いつつ、工事書類に囲まれてしまい時間の取れない今日この頃です

もう少しお待ちくださいね


突然ですが、付箋(ふせん)は活用していますか

新入社員の方などはようやく会社に慣れてきたころかなと思います

付箋はうまく活用すればすごく便利です

皆さんもぜひぜひ活用してください


我が社では主に三種類の付箋を使用しています

(一般的なもの、小さい付箋、真四角なもの)



<一般的な細長い付箋の使い方>


その1 やらなくてはいけないことを書いてパソコンの端にペタペタ貼る

              ↓

        その仕事が終わったらはがす


当日にやらなくてはいけないものはメモ等で箇条書きでいいのですが、

数日以上かかるものは忘れやすいのでパソコンなど常に目に入るところ

に貼ります



その2 インデックスのように使う


ファイルにいろいろな書類を挟んだ時、ファイルを閉じてもすぐに目的の

書類を見つけられます

付箋だとはがせるので書類を傷つけずに済みます



その3 クリアファイルに貼る


書類をクリアファイルに挟むのですが、工事が重なるといくつものクリア

ファイルが重なっていきます 

なので表側にどの工事のどんな書類か書いておくとわかりやすくなります

(同じような書類でも原本、見本、修正前、修正後等あるので)




<小さな付箋の使い方>


これは印鑑をもらわなければいけない書類に挟みます

すべての書類に印鑑が必要なわけではないので、印鑑をまとめてもらうときに見落

としがないよう目印として使用します




<真四角の付箋の使い方>


主にほかの社員への伝言用に使っています

横長の付箋よりも文章等が多く書けて、机に貼っておけば風などで飛んだりする

こともないです



いかがでしたでしょうか

付箋を活用して仕事を効率よくこなしていきましょう


 


124回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示